FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

徒然☆乙女

乙女ゲーム・アニメ感想日記

 

表示中の記事

  • DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO V edition
  • 2017年07月08日 (土)
  • 21時55分19秒
by AlphaWolfy

DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO V edition 


どうしても音楽に関係した仕事がやりたくて、音楽事務所兼レコード会社である『DYNAMIC CHORD』に新卒で入社した主人公・霧下このは (*名前変更可能) 。
憧れの業界で仕事に就くことができ、楽しく働く日々が続いていた。

ある日、社長室から出てきたKYOHSOのメンバー達を何気なく目で追っていると、目の前を通りかかったヴォーカル・城坂依都に、マネージャーをやらないかと突然声をかけられ。

新人マネージャーとして奮闘する日々を送り、彼らと過ごす中でやがて芽生えていく恋の行方は?(アマゾンより)

ダイナーシリーズでは大人組。
黒さ加減はシリーズ中一番マイルドな印象。


先に発売されていた2作、レヴァフェとLiar-Sは現役学生バンド。
プロとしてのキャリアも短く、これからが正念場という立場のバンドでした。
KYOHSOは事務所の看板バンドで知名度も人気も高い。
メンバー達は年齢的に20代後半~30代前半のいい大人。性格はそれぞれ癖が強く、その上女関係もだらしがない
まぁ一般人がロッカーに持つイメージを体現している人達と言いますかw
Liar-Sの様に自分達のアイデンティティや音楽性の壁にぶち当たってる訳でもなく、メンバー内の不仲も特に無く、前作に比べて、バンドとしてはかなり安定した状態だと言えます。
キャラクターもLiar-Sに比べると無難な設定かと・・・。
とにかくありんこにとってLiar-Sはかなりの強者揃いだったというイメージなんですよねw 

サブキャラ達が魅力的でした。
攻略キャラになり得る素敵な方々が数人いらっしゃいました☆
クロウ、同僚マネージャー、それに社長
特に五十嵐さんはスゴく良い人なので、彼が失恋するところを何度も見るのは遣る瀬無かったです
主人公とも結構お似合いだと思うんですよね

主人公は今作のが一番馴染みやすい雰囲気の子でした。
KYOHSOのヴォーカル・依都に名指しで任命された新米マネージャー。
前向きで、いつも明るく笑顔のイメージ。好感が持てます。
休み無しで体力勝負な人気バンドマネージャーの仕事もいつも一生懸命に取り組んでいて、非常に努力家。
彼女の直向きさや真面目で素直な性格がメンバー達の心を捉えたんだろうな、って納得出来ました。
バンドメンバーに寄ってくる遊び人タイプの女とはかなり違う人種でしょうから、逆に新鮮だったのかも。

期待していたブラック要素ですが、かなりマイルド。
Liar-Sの芹みたいな腹黒いヤツはいませんでしたw 性格も見た目通り。
BADENDはどうしてそうなっちゃったの・・・と思う様な悲惨な顛末もありました。
ここでブラックな感じが出てたかな。

バンドの音楽的ジャンルはストレートなロック。
森久保さんの歌唱力が生かされた楽曲揃いだと思いました。

以下、個人ルートでの感想を。
ネタバレ有りです。

諏宮篠宗
cv:八代拓さん。
一番マトモそうなこの方から攻略。最後まで期待を裏切ることなく、優しく誠実で頼れるお兄さんでした。
主人公が羨む様な素敵な彼女と、一見幸せそうな生活を送る篠さん。
しかし恋人達の心は徐々にスレ違い始めている一方、主人公にドンドン惹かれていく篠宗。
主人公も好意を寄せるけれど、彼女の存在を思って気持ちにブレーキを掛けようとしている状態が長く続きます。
こういうシチュが大好きな乙女はかなり楽しめるルートになってます☆
彼がKYOHSOの過去を乗り越え、正式メンバーとして再出発出来たのは主人公のお蔭。
年の差カップルだけど、うまくいって欲しいですね

黒谷優
cv:石川界人くん。
基本無口で取っ付き難い雰囲気のベーシスト。
主人公の頑張りを認めてくれるまで態度も言葉も冷たくてメゲそうになるw
このルートでは、クロウとの意外な関係性が明かされます。
でもまぁ立ち絵で並んでみたら一目瞭然なコトだし
まさか彼が多数の女性と肉体関係を持っていたなんて・・・。
過去の凄惨な経験が原因で「常に体温を欲する衝動」は、カウンセリング受けた方が良い位の深刻なトラウマだと思うのだけれど。
ここで驚いたのは、マネージャーとして下した主人公の決断。
自分の身を捧げてまで彼の欲求を取り込もうとするなんて、もう仕事の域から逸脱してます
これでお互いを特別に想う関係まで至らなかったら本当に虚しくなる所でしたw

スキャンダルに巻き込まれて謹慎する事態に巻き込まれる展開は予想外でした。
それも派手な女性関係がリークされたとかじゃないのねw
こういうタイプの男性にキュンとくる乙女もいるんでしょうけど、ありんこにはちょっと分からなかったなぁ。

英時明
cv:立花慎之介さん。
一番遊び人で、一番闇が深そうな人。
序盤からやってくれちゃいました・・・。
無理やりではないけれど、巧みに主人公を誘導してあらよあらよという間に・・・
過去の経験から貞操感覚が狂っていて、不特定多数との性行為に罪悪感も何も感じていない彼が、主人公によって少しずつ変わっていく様子が描かれています。その変化は曲作りから早速現れていて、ついには彼女一筋の「尽くすタイプ」の恋人に。
ありんこにとってこの変化はかなり急激で、彼がそれだけ彼女に夢中になった理由もイマイチ納得がいかなかったんですよね・・・。後日談で浮気疑惑が上がった時、やっぱり彼の根本は変わってなかったのでは?と疑っちゃいました
だって人ってそんな急激に変われるもの?自分に足りないものに気付かされたから?
彼氏としての彼は最高に素敵なんですがね・・・ありんこもあんな風に尽くされてみたいなぁ
毎度ながら、立花さんのリップ音、流石です!

城坂依都
cv:森久保祥太郎さん。
芸能人オーラを放つ、色香を纏ったヴォーカル。
女関係のだらしがなさも、自由奔放でわがままなところも、彼氏にしたら一番面倒なタイプだとは分かっているのですがw
魅力的な人ですから・・・一番気になっていた人でした。
ルートでは時明みたいに早々に食われるかと思ったけど、そんな事は無かったw 
主人公みたいなタイプは彼に見合いの女になるにはまだまだ足りないとな・・・なる程w
彼と距離を縮めるのか・・・と思っていたらあれ?代わりにクロウさんとお近づき??の展開。
クロウさんと仲良く出来て、交際のお誘いまでしてもらって・・・このルート、クロウEND欲しかったな
後半の声が出なくなった彼を一生懸命支える主人公の頑張り様に泣けました。
回復した彼は一皮むけてもっと凄いシンガーになっていたなんて、なんて神展開
謎の美女登場に浮気疑惑?とか
手ぶらでハワイ旅行!とか
彼氏にすると色々振り回されそうですが、刹那的で楽しそうではありますね

まとめ
一番無難な主人公とか、一癖あるけど仕事はしっかりこなしてる人気バンドメンバーとか、ダイナーシリーズでは一番消化しやすい内容でした。その代わり少しあっさりし過ぎているというか、面白みに欠けるというか
ブラック要素に期待をかけるなら、Liar-Sの方が格段楽しめたと思います。

さて・・・アップルポリッシャーは移植されるんでしょうか?
あちらがVITAで発売されるなら引き続き購入しようと思っています☆

以上感想日記でした

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: Honeybee

Thread: ゲームプレイ日記

Janre: ゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsurezureotome.blog.fc2.com/tb.php/265-9ed45b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)