FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

徒然☆乙女

乙女ゲーム・アニメ感想日記

 

表示中の記事

  • 悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-
  • 2016年12月22日 (木)
  • 10時00分49秒
by AlphaWolfy

悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 


最終戦争で大地が荒廃した遥かな未来。
大気汚染により、人類の寿命は半分以下となっていた。
……そんな時代、スラムで暮らす少年シュドは謎の逃亡者アタルヴァと出会い、彼から1人の少女の話を聞かされる。
その少女の名は【イヴ】。古代人が遺した巨大地下シェルター【ネオスフィア】で、管理AI【クレイドル】と共に3000年もの時を生きるその少女は、とある禁忌の力をその身に秘めているのだという。
それを知ったシュドはその力で地上を浄化すべく、アタルヴァと共に地下のネオスフィアへ向かうのだが、少女との邂逅を果たした直後、軍の襲撃を受けてしまう。
……軍の巨大な人型兵器の力に、為す術ないシュド達。しかしその時、少女の危機に呼応するかのように、純白の人型兵器【ティアブレイド】が少年達の前に姿を現した……。(公式より)


恋愛要素を含んだSFロボットファンタジー。
何に期待するかで評価が変わる(´・_・`)


トロコン済。
乙女ゲーム&ロボットを使った王道のSFファンタジー、なんて斬新なコンボ
ロボデザインも期待以上に格好良く、戦闘シーンではどんな活躍をしてくれるのかワクワクしました。

しかしありんこは不完全燃焼したままコンプ( ノД`)
まぁ有り体に言えば乙女ゲームがしたかったんですよね・・・。
このゲームに関する巷のレヴューは読んでいたのでそれなりの心構えはありました。
だがしかし。

気になった点を挙げると、

こんな短い尺では物語が駆け足過ぎて、世界観に浸りきれなかった。
3000年を跨ぎ紡がれる、アニメにしたら2期必要な程wの壮大な想定なのに、表面をなぞっただけで終わってしまった感がありました。もうちょっとじっくりと、愛着が持てるくらい登場人物の人間性を理解し、辿った末路に涙する程感情移入させて欲しかったな。

基本の流れが同じなので2周以降の楽しみが半減。
既読スキップを繰り返す事になります。
金太郎飴感が拭えない。

恋愛要素が「薄い」点。
攻略対象が可愛らしい主人公に初めから好意的なのはまぁいい。
命を掛けた状況下で寄り添い合いたいと思うのも分かる。
しかしもうちょっと感動するような熱い恋愛をして欲しかった。恋愛描写が希薄、おまけ程度に感じました。
主人公があまりにも幼く純粋だから、ドキドキする様な恋は起こらない、という点が特に致命傷でした。

主人公が2人いる点。
元を辿れば同一人物なのですが、別人と考えていい個々の人格を持っています。
あるルートでは今まで馴染んできた主人公がおざなりになり、もう一人がヒロインのポジションに。
流れ的に仕方のない展開ではあるのですが、気分的にちょっと微妙でした。

気になった点ばかり挙げてしまいましたが、シナリオは面白かったし、もっと熟成させた形で見てみたいと思わせるものでした。
それにアニメ化されたら面白くなりそう! 戦闘シーンに動きが加わったら最高だろうな☆

システムは問題なし。
既読部分は個人ルート内でもSKIP可能。
パートジャンプ出来るのでエンド回収が楽チン。
エンドリストがあるので分かり易い。

以下、攻略順に感想を。
ネタバレあり。


アタルヴァ
最初に選んで失敗だったかなぁ~
第一印象はちょっと上品などこかの貴族。世間知らずで女性にすら会った事が無いとかかなり特殊。
どんな「箱入り」なのかと思ったら、後に驚く事実が発覚するのですが。
運動神経が悪かったり、体力があまりなかったり、ティアブレイドの操縦が上手くなかったりw、メインヒーローっぽくない人です。
この方に関してはそんなに好感を抱かないまま終わりました。
何でかな・・・ありんこにもよく分からないw


シュド
まさにヒーロー気質のキャラ。
貧しくも逞しく生き、人情味もあり・・・。
彼の過去がイヴにどの様に繋がっていたかが明かされた時は運命を感じたし、戦闘シーンでは騎士達との繋がりが一番強く感じられて胸熱でした
幼いイヴとのCPとしての釣り合いも性格&相性的に一番いいかも


ヤジュル
CV近藤隆さんということもあって、期待値が高かったキャラ。
裏切り者だし、大量殺人鬼だし、しかもその理由が自分の存在した証を後世まで残したかったから、みたいな
とんでもない奴でしたが・・・まぁだからこそ展開が楽しみではありました( /ω) 
イヴにとって親しい人を殺した憎き相手の筈なのに、彼女の心の葛藤があまり感じられず・・・好きだから生きて!ってそんなんでいいのか、おい?!
過去の行いを精算してでも恋人として共に生きて欲しい!と思える程の大恋愛を2人がしていたら納得なんだけど
幸せENDにはモヤモヤしました・・・声は好きだけど(*’U`*)


ロウ
初登場時の狂人っぽさにすっかり怯んでしまったありんこw
イヴだって気が狂って自分を封印させたくらいですから、ああなってしまったのは仕方が無い。
幼さが残るキャラデザで、ありんこ的には魅力をあまり感じなかったかな
3000年を経て彼と再会し、元イヴとロボイヴが融合し、元イヴが幸せになる結末は一番祝福されるべき終わり方の筈。
分かってはいても隅に追いやられたロボイヴの人格が不憫で、複雑な気持ちでした。
CV松岡さんの熱演(怪演?)が凄かった。収録大変だったろうな・・・お疲れ様でした!


クレイドル
クレイドルとアルカディア、同族の最終決戦は見応えがありました。
クレイドルを最後人型にして終わったのは恋愛対象として終わらせる為ー?
それも2種類の人型を用意してくれちゃって親切というかなんというか
ありんこはロボのままでも良かったけどなー。

トゥルーEND
ティアブレイドに誰の思念が宿っていたか、ここになってハッキリしました。
もちろん予想通りでしたが、本作で一番感動した終わり方でした。
血を分けた兄妹では無かった事も最後の最後に判明して、切なかったなぁ。
ならFD(あれば)では恋愛対象に昇格する可能性があるって事?!
期待しちゃおうかな・・・

まとめ
ティアブレイド、すごく格好良かったし、操縦する人によって装甲が変化するのも面白かった。
ナノマシンが万能過ぎて展開上ご都合主義っぽく使われていたのが気になったけど、所詮ファンタジーですからw

どのルートも基本の流れが同じなので既読スキップ多用しました。
初周シュドにすれば良かったと後悔・・・初見の目新しさとルート攻略後の爽快感を味わいたいなら是非

もっと手を加えれば、満足度の高いモノになり得たのに・・・と感じた惜しい作品です。
乙女ゲームとしてはオススメ出来ませんね。
それでもアニメ化があれば是非観てみたい。
フィギュアとかあったら普通に売れそうな気がする☆

感想は以上です

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

※「悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。
スポンサーサイト

Category: オトメイト

Thread: ゲームプレイ日記

Janre: ゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsurezureotome.blog.fc2.com/tb.php/250-047e96a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)