FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

徒然☆乙女

乙女ゲーム・アニメ感想日記

 

表示中の記事

  • Blackish House sideA→
  • 2016年12月13日 (火)
  • 10時46分52秒
by AlphaWolfy

Blackish House sideA→ 


芸能事務所“星月プロダクション"に所属する一癖も二癖もあるブラックな性 格の芸能人たちと、半年後のミュージカル公演成功を目指して一つ屋根の下で 共同生活をすることになったあなた。
共同生活をする場所は、華やかな彼らが住むには似つかわしくないオンボロア パートだった。(アマゾンより引用)

ダメ人間カウンセリング恋愛ADV。
ハニビ作品が好きな乙女にオススメしたい


Honeybee black作品は今回が初攻略
ハニビさんの作品は心理描写が細やかで感情移入しやすいけど、この作品も然り。
胸がきゅ~っとなったりドキッとなる瞬間が何度もあって、ありんこが乙女ゲームに求めている要素が満載でした
男性側の視点が含まれるシナリオはハニビさんの特徴ですが、相手の気持ちがキチンと描かれているから気持ちがフォローし易いんですよね~。
ブラック度も覚悟していたものよりもマイルドだったかな。
ハニビ作品でガッカリした事ってあまりなかったけど・・・本作も安定のクオリティでした☆

<攻略対象>
4人・・・というと物足りないと思うかもしれませんが、それぞれルートの内容が濃いので不満無し。
攻略対象は皆超個性的。でも内面は繊細で根っ子の部分は善良な人達ばかりでした。
家庭環境が原因で性格が捻れてしまった人が数人
女性が苦手、というキャラには近づくこともままならず前途多難だと思ったけど
こうなったら主人公が根気良くカウンセリングしていくしかありませんしね
やはり相手が心を開いてくれるまでかなり時間がかかります。
途中色々なドラマが起こるので展開が気になり、最後まで一気に攻略。
ありんこは恋愛のハードルが高いと燃えるタイプw 
あらゆる難局を乗り越え恋が成就した時、ちょっとした達成感に酔いしれました

<主人公・雛>
ディフォ名に音声つかないのがとっても残念。折角可愛い名前なのに
控え目で大人しく、生真面目。年齢よりも大人びた印象。
まだまだ駆け出しで無名だけど、周りから今後が注目されている女優さん。
自己評価はかなり低くて、芝居に毎回苦労している様子なのですが、最終的には演技を絶賛される展開が多いので、きっと自分が気づかないだけで、ポテンシャルの高い子なのでしょう。
言動がちょっと頼りないというか、一般の同世代と比べて感覚がずれている感じの子なんですよね~。
純粋過ぎてプレイヤーが自己投影出来るタイプではないです。
容姿は女優だけあって綺麗な方なのでしょうが「突出して美人ではない」(籐吾談)らしい。
絵のイメージだとお嬢様っぽくて可憐な感じかな。
「自分がない」彼女が恋を経験する事によって自己を発見し感じたことのない様々な感情を経験し、成長していきます。

<エンド数>
ハッピー2種類ずつ、バッドは1~3種類とルートによってバラツキあり。
死亡エンドやレイプエンドなどバッドは結構後味悪いです。
スチル回収には必須なので苦手な乙女は要注意。

<システム>
概ね良好。
周回はSKIPを駆使。・・・時間掛かった。
JUMP機能があればもっとサクサク進めたろうなぁw

<イラスト>
この絵師さんはお馴染みなので作画のクオリティは期待通り。
ただ背景画で残念に思った箇所が一つありました。
文化祭で主人公のクラスの出し物がメイド喫茶だったんですが、それ用の背景画が用意されておらず、いつもの教室が使われていた事に違和感。文化祭の雰囲気が絵から伝わってこなかった。

以下、攻略順に感想を。
ネタバレ有りです。


CV立花さん。
立花さんの演技ってやっぱりスゴイな~好きだなぁ~
円は自由奔放、やりたい放題してる問題児 とんがってますw
主人公は円が街で喧嘩しているところに遭遇したり、シェアハウスに女を連れ込んでいる現場を目撃したり・・・結構ショックな出来事が多発
恋を知らないと演じる事が難しい舞台の為に、円に頼み込んで夜な夜な恋愛特訓
教えて、と我が身を円に差し出す主人公の発想にはビックリ仰天
いくら役作りの為に好きでもない異性に「初めて」を投げ出すなんて・・・アリエナイ
でもこちらの期待(?)を裏切って、紳士的に対応してくれました。
口は悪いけど親身になってくれるしとってもイイ奴なんだよね。役者という仕事に対しても全力で臨んでいるし。彼の人間性を知る内にどんどん好感度が上がっていきました。
まぁ、彼女が初恋の人だから特別対応してたんだな、って後になってから分かるんですがw
親の会社を引き継ぐ事が決まっていて役者としての将来は望めなかったり、双子の環との間にちょっとしたゴタゴタがあったり。
主人公が(ようやくw)円に対する恋愛感情を自覚してからも、山あり谷ありの展開でしたが、どうにか結ばれて終わり。
環が絡んできた所為か、BADエンドの数が一番多いキャラでした。


CVまえぬ。
声優。ゲーム好きの所謂ヲタク。極度の女性恐怖症。
始めの頃は本当に少し近づいただけで奇声を上げて逃げ出すくらいの酷さで・・・どうすればいいの、この状況
仲良し組、円とセラのお節介のお陰で、ようやく主人公と話せるまでに成長してくれたのですが・・・。
あんなに積極的だった主人公が恋を自覚した途端ドギマギしてしまって関係がギクシャクしてしまったり・・・上手くいかないものだなw
「ここまで来ちまったら、もう引き返せない。お前みてえなインパクトがあって中毒性の高い女・・・もうどうしたって手放せねえよ」
告白シーンでのこのセリフ、印象的でした!
彼は主人公を変人扱いしてましたからねぇ
円ルートのメロドラマっぽさは微塵も感じられず、終始2人の関係に焦点が当てられ乙女ゲームらしいドキキュンが楽しめました!
2人の遣り取りや周りとの掛け合いにクスクスしたり、胸がギュッとなったり( /ω) 
気持ちが通じ合ってもキス止まり。高校生&大人カップルだもんね。
バッドでは不意打ちキスをしてみたら「友達にキスなんてしない。見損なった」とキレられて惨敗。クリスマス公演も失敗して解雇、っていう酷い終わり様で思わず「なんでぇ~~~」ってなりました(;_;)

藤吾
CVかっきー。
一番カウンセリング必要そうなキャラだなぁ、と思いながらルート攻略開始。
このルート、結末がどうなるか先が読めている筈なのに、どの様に描かれるのか楽しみでした!
剛ルートと違ってドキドキは全くなし。不穏な雰囲気で進行し、ちょっとした緊張感がありました。
人としての心を閉ざしてしまった彼。「無感情なサディスト」。その経緯は過去の家庭環境にあった訳ですが・・・。
彼の澪に対する執着の矛先を他に向ける為、主人公と擬似恋人関係に!?
なんだかスタスカ秋の教育実習生ルートを思い出すなぁ
でもさすがブラックだけあってその後の嫉妬・執着・束縛のレベルはあちらと比べ物にならなかったけれどw
関わる内にお互いに恋愛感情が芽生えたのが読み手のありんこには明らかで、物語の2人が気がついていないって状態はとてももどかしくありました☆
最後は結果期待以上の幸福感を味わうことが出来てとても良かったです!
ここで明かされた、あのキャラが足を壊した事故を作り出した理由。そして彼がその首謀者だった事も。
これは結構ショックでした。その事を知った時、主人公が感じた怒りをありんこも共有しました。
感情移入バッチリしたお陰で何度か泣きました。
最愛キャラではないけれども、一番遣り応えがあったルートでした。
バッドは監禁と自殺・・・想定内だな。


CV界人くん。
傲慢、俺様。無名女優が彼程の人気実力派俳優とどの様な恋愛が出来るのか?見物でした。
挨拶しても無視、触れたら異常なまでの拒絶反応。話せば言い争い。
2人が恋人になるまで、とっても長い道のりでした♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪
一週間に渡る手錠生活。またもやあのお節介コンビの登場w 
周りのお膳立てで啀み合う事が無い程度に距離は縮まったxx
ん?手錠しててどうやって服着替えたの?

父親との確執、女性に対する嫌悪。難しい状況だったけど無事にくっついてくれたw
澪に対する主人公はとても我慢強くて献身的。よく頑張った。
由衣さんとの関係や、悠翔との関係に新事実あり。
クリスマス公演の舞台監督の発言から主人公の出生の秘密が?と勘ぐってしまいましたが、違ったみたい(か、分からず終い)
2人が結ばれた事で籐吾が心を取り戻す兆しを見せてくれ、契約終了を宣言。これは嬉しいボーナスでした

最後に一言。
CV界人くんのリップ音は息遣いが聞こえてリアルだ・・・

まとめ
攻略を終えた感想は「すごく面白かった」。
あんなに個性的で協調性のなさそうなメンバーが、共同生活をしていく内に一つに纏まり、最後は見事に公演を成功させてくれたという流れは爽快でした。最後には4人全員が好きになれました。
あと、公式には結構読み応えのある後日談SSSが掲載されているので、要チェック☆

悲恋要素がより多く含まれるという次作、←sideZ発売が今から待ち遠しい
一番狙いは悠翔。攻略制限あり、の真相ルートと関わってきそうです。
彼が抱えている闇は何なのか。早く知りたいな。
そして救ってあげたい。

以上です


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Category: PC Honeybee

Thread: ゲームプレイ日記

Janre: ゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsurezureotome.blog.fc2.com/tb.php/249-206eb52e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)