FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

徒然☆乙女

乙女ゲーム・アニメ感想日記

 

表示中の記事

  • 東京陰陽師~天現寺橋 怜の場合~ V Edition
  • 2015年12月10日 (木)
  • 21時23分46秒
by AlphaWolfy

東京陰陽師~天現寺橋 怜の場合~ V Edition 


西暦2014年。東京、新宿。
陰陽師が職業として認識されている日本。
東京は大空襲を経験することなく、第二次世界大戦が終わった。
古いものと新しいものが混ざり合った日々。
平穏に満ちたはずの日常の中、妖が人々に危害を与える事件が多発していた。
その対策として白羽の矢が立てられたのは、終戦当時、信仰が解禁されたばかりの陰陽道---すなわち陰陽師であった。
混沌に呑まれようとしている世界。
虚ろな魂がさまよい、漂う、東京。
悪影響を及ぼす妖の多くは、元人間だったことが判明する。
なぜ、人が妖と化してしまうのか。その裏でうごめく闇の正体とは。
数多の思いが交差するこの地を舞台に起こる怪異。
それらの解決が、真実へ続く道につながっている。・・・かもしれない(公式より)


現代陰陽アドベンチャー。
展開が気になるシナリオ、読後感も良い。
際どいシーンも盛り沢山w
シリーズ化、又はFD切望。


以下BLゲームの感想です。
BLに抵抗がある乙女はここで回れ右v


当方PC18禁版未攻略。
本作はトロフィーコンプ

<大まかな流れ>
天現寺橋事務所に舞い込んだ仕事の依頼を消化して、休日をお目当ての攻略対象と過ごすのが共通ルート。これが結構な件数こなすことになります。
本命が深く関わる依頼を意識してセレクトし、好感度が上がる選択肢を選ぶ事を繰り返すと、個人ルートに突入。そこから本編が始まります。
フルコンプを目指している乙女は、共通ルート(依頼)に拘らず、選択肢毎でSAVEし、両選択後の流れを網羅しておく事が必須。
もちろん間違った選択をすれば相手との好感度が変化しなかったり、BADENDに繋がる場合が大半ですが、クリアするとシーン登録やトロフィー獲得が出来ます。

死亡ENDに地雷がある方は要注意。
複数用意されているBADENDの大半は判断ミスで死に至るというモノですので、後味悪いですw

<攻略順>
ありんこの攻略順は成り行き上、バサラ→上大崎→四谷→目黒でしたが、四谷を最後に持ってきた方が良かったと少し後悔。
四谷のルートで絆を育み、幸せな余韻を噛み締めながら目黒ルートに入ったら、その四谷と敵対関係になり、真っ向対決する展開。辛かったです(T_T)

<主人公・天現寺橋>
陰陽師として非常に有能。強いです。
事務所は貧乏で生活は常に困窮状態。質素で地味な生活を送っています。
物ぐさで暇さえあれば昼まで惰眠を貪っています
冷静沈着でマイペース、思った事をあまり顔に出さないポーカーフェイス。
素直になれず照れ隠しに強がったりする、ひねくれたタイプの人間ですw
しかし仕事となると解決に向かって一切の妥協をせず。
(誰かさんの様に)妖を消滅させる事に終始せず、依頼主を慮り、状況を推し量り、妖を封印する事を選ぶ慈悲深さを見せます。
「僕が負ける訳ないだろう」みたいな強気発言をカマしw本気モードの天現寺橋には惚れ惚れしました

容姿は華奢で色白、整った顔立ちにさらさらヘアと長い睫毛・・・つまりは美人さんだって事ですねw 貞操観念は低いみたいですが、恋を知った彼は驚く程一途で純情でした
恋愛面での立ち位置は・・・総受け。自分の式神くらい攻めて欲しかったなw

<恋愛シーン>
コンシューマー仕様になったら18禁シーンは暗転→次の場面へってパターン又はキス止まりなのかと思っていたら・・・とんでもない!
「こんな際どい描写、本当に大丈夫・・・?」って不安になる位ギリギリなシーンに差し替えられていたのでした! 流石CERO D(17歳以上対象)。ありんこの妄想パワーフル回転w
今まで手に取ったどんなコンシューマゲームよりもセクシーな出来栄え。
正直、延々と続くキスシーンだけでお腹一杯になりましたw

<立ち絵・スチル>
立ち絵に関しては・・・キャラの顔付きに癖があってありんこ好みではなかったですw 
特に天現寺橋の笑顔の表情が薄ら寒い感じw
でもスチルは立ち絵に比べて格段に良い出来でした。
動画アレンジがされているシーンでは躍動感が感じられて悪くなかったです!

以下各ルート感想を少し。
ネタバレ有り。


バサラ
甲斐甲斐しく天現寺橋の身の回りの世話をしてくれる天現寺橋の式神。可愛いヤツです。
個人ルートは短く、終わり方も謎を残したままで中途半端な印象(他ルートで判明します)。
おまけ程度に作られたルートだって感じが残念でした。
ペラペラバサラ、人の姿をしたバサラ、力を開放された伐折羅。
それぞれ声のトーンを使い分けていらっしゃった声優さんお疲れ様ですw 
特に伐折羅がイケボ もう少し天現寺橋と絡んで欲しかったな(//>ω<) 

後日談での天現寺橋はコスプレの餌食にされてしまっていて可哀想でしたw 
バサラの我儘に付き合ってあげる天現寺橋は本当に心が広くて優しいご主人様
可愛い下僕・子犬の様なバサラ相手でも「受け」に甘んじている所がやっぱりショックw ←無気力ゆえかなぁ?


上大崎
上大崎とは幼馴染なので旧知の仲。そんな二人の心理描写がとても良かったです。
過去の突然の別れで得た心の傷を再会後も引きずっていた上大崎。
彼の気持ちが切なくて、胸がギュッと掴まれたような感覚を何度も味わいました。
天現寺橋の歪んだ家庭環境に身を投じて、今度は何があっても離れまい、と天現寺橋一族の騒動の渦中に飛び込んでいくのですが・・・。
上大崎の憑依体質が起因した一連の事件を切っ掛けに、天現寺橋も一族との確執にひと段落着き、2人の仲も深まったのだから、終わり良ければ全て良し。ハラハラしたけれどw
下の名前呼びするまでに関係は進展して(ノ´▽`*)b☆

後半戦は上大崎の家庭事情に焦点が。こちらの一族も中々癖のある人達でw
上大崎に流れてきた見合い話にヤキモキする天現寺橋にニンマリ
相思相愛になってからも手を出してこない上大崎に悩み、今日こそは!と奮起する天現寺橋が乙女チックで可愛かったw
明るく屈託がなく、朗らかなイメージの一方、一途ゆえ底暗く、追い詰められれば狂気にも変化する感情を秘めている上大崎。
言わずもがな、CV岸尾さんの演技が秀悦。
後日談ではその深い執着が表面化!その深い愛故に、ですねw


四谷
推定年齢800才、羽織役という立場で新宿を統べる妖。
天現寺橋など足元に及ばない程の強さです。
清廉で凛とした佇まいと涼やかで美しい風貌。彼が登場する時のBGMが素敵でした 
雲の上の存在である四谷が、テリトリー内に住まう陰陽師・天現寺橋に関心を持ち、「戯れ」以上の執着を見せ始め、最後には愛する者として契を交わすに至るまでの物語ででした。
大人の雰囲気が漂うルートでございました

「普段は無愛想で辛辣なこの男が、本当は情に厚く懐が深い事、そしてひどく脆い事を四谷は良く知っていた。」
天現寺橋の素直ではない言動に惑わされることなく、心の機微を読み取り、ちゃんと理解してくれていて、常に一枚上手の印象。戯れな言葉で反応を見て弄ぶ事もあるけれどw 
天現寺橋が手の平に転がされている感が堪りませんでした! 

呪詛を解呪する為に手を尽くし、挙句の果ては自己犠牲を厭わない、とまで言ってくれた四谷に人間と変わらない「情」を感じてちょっと感動。
派手なラスボス戦の後事態が完全に収束してくれてホッとしました。
それにしても頻繁に行われた解毒作業・・・。お腹一杯になりました! 
バサラ&右京・左京が仲良くなってくれた事にも喜びを感じました
四谷の加護があれば天現寺橋の今後は安泰だよなぁ、なんて幸せの余韻を噛み締めた終わり方でした。


目黒
有無を言わせず妖を抹殺しまくるアウトローな一匹狼。
粗野で無秩序で完全裏社会の人間。
何もかもが天現寺橋と対局にあって第一印象最悪なこのキャラを攻略する気はゼロだったのですが・・・。
攻略後の印象は180度変化し、一番親近感の湧くキャラに昇格w 
所謂ギャップ萌え担当キャラですかねw

目黒の依頼を受け、明らかになっていく過去。妖を憎む理由を知り、取り戻したい大切な存在を知り・・・。
事情を知ってからというもの、危険を顧みず己の持つ100%の力を注いで助力する天現寺橋はとても凛々しかったです!
決死の覚悟で四谷一紋の本陣に単身乗り込んだ展開には「そこまでするのっ?!」と多少ビックリしましたがw 
その時の天現寺橋は気迫に満ちていて、ゲーム一最強でした! 

そんな彼を相手に余裕っぷりを見せつけ簡単に捻り潰そうとする四谷にモヤっと複雑な気持ちが。
四谷ルートではあんなにラブラブだったのになんでぇぇぇ

目黒の家庭的な所や、ママチャリ乗ってたりw、意外と子供好きだって所にギャップ萌え
懐に入れた限られた人間に見せる「柔らかい部分」を天現寺橋を通して知る事が出来て幸せでした 2人の体格差にも萌えましたw

まとめ
主人公をはじめ攻略キャラクターひとりひとりの魅力的が存分に感じられ、攻略が楽しかったです。普段は無気力で無頓着な天現寺橋は、仕事絡みになるとガラッと変化。
プロ意識が高く、妥協を許さない仕事振りはとても潔くて男らしく・・・好ましい主人公の恋愛は応援したいですよねw
年齢設定も29歳からとやや高め。 成熟した大人の魅力に溢れた作品ですw

それぞれ攻略対象の環境や関わり方に特化したストーリーは興味深く、最後まで楽しめました。
特筆すべきは、会話している時のちょっとした表情や動きの描写が細やかな為、心の動きが手に取るように感じられ、感情移入がしやすかった点です。
近づいていく2人の距離感にドキドキさせられっぱなしでした。
下の名前でお互いを呼び合う仲って良いよなぁ 
特に上大崎ルートでは切ない気持ちが痛いくらい伝わってきて胸が苦しくなりました。

シリーズ化して欲しいですね~。
上大崎優の場合、とか見てみたいです 
FDなら金魚さんとの絡みも見てみたかったですね。彼の出自には何か曰くがありそうでしたから。
PC18禁は・・・入手したい気もしますが、今は取り敢えず差し替えシーンでお腹一杯です

恋愛ゲームとしてのクオリティが高く、BLだからと敬遠して欲しくない作品です。
大正メビウスラインも秀逸で、燃えに萌えた作品だったのですが、主人公を敢えて比べるなら天現寺橋の方が魅力・実力共に上かもw 

以上、感想日記でした。
興味のある乙女は是非手に取ってみてください☆

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Category: BL ゲーム

Thread: ゲームプレイ日記

Janre: ゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsurezureotome.blog.fc2.com/tb.php/212-e3e8937b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)